日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2017年02月

活動日誌

子ども食堂全国交流会inしが〜参加報告

No.96

公益財団法人 糸賀一雄記念財団の主催による子ども食堂全国交流会が、2月10日、滋賀県で開催されました。全国から400人を超える参加があり、「子どもをど真ん中におき、食を通していろんなことを考えよう。」と集まった方々の実践を聞くことができました。西京選出の河合議員と共に参加しました。
どんな子どもたちも、一生懸命生きようと発達している。その人らしい発達を守っていこう。「自覚者は責任者」気づいた者が実践していく。全国で広がっている子どもたちの居場所としての子ども食堂。そこに集まる大人も子どももみんなが支え合いながら元気になっていく。「地域の里親」として、子どもたちの笑顔を育むコミュニティを地域に作っていく、その取組の一つが「子ども食堂」であり、京都でも、子ども食堂の取組に支援する予算が出されました。実効あるものにしていきたいと思います。
お昼休みには、河合議員と一緒に、ロビーで開かれていた手作りコーナーに参加をして、折り紙で独楽をつくりました。エンディングはこの交流会を企画運営したみなさんが登壇されました。こんなに多くの方の支えでこの交流会が成功したんだと実感しました。

このページのトップへ