日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2017年12月

活動日誌

京都議定書誕生20周年記念の会議に参加

No.125

京都議定書誕生20周年記念「地球環境京都会議2017」に午後から参加をしてきました。「環境と調和した都市文明の構築」という分科会に参加をしました。アルピニストの野口建さんのお話が心に残りました。エベレストのごみの多さ、それもアジア系のごみや使い切った酸素ボンベが山積みで残っていました。そのごみ拾いを始めたときはいろいろと批判的なことを言われたが、今では、シェルパ自らが清掃活動を始めている。ネパールからエベレストを変える所まで来ている。また、ネパールサマ村での森林再生計画などがあることを知りました。日本でも富士山の清掃に取り組んでいて、山梨県側はごみゼロを達成するところまできているとの事でした。17年間続けていて、年間最大5000人が参加とのことでした。東京ゆめ(ごみ)の島を森にする計画など興味が湧きました。ドイツでは、メガソーラーを作るために森林を伐採したら、その6倍の森をつくり、25年間生物・動物を再生させる、そのためのルールを作るなど、興味深いお話でした。
 

このページのトップへ