日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2018年04月

活動日誌

4月活動報告(最終年度が始まる)

No.131

4月24日から来年3月22日までの333日間の会期で2018年度の通年議会が始まりました。
今年度は、教育福祉委員会になりました。5月市会が始まるまでに、関係団体の方々と懇談を持ち、議会論戦を考えていきます。
新たな気持ちで、教職員の働き方改革で、子どもと向き合う時間の確保を。不登校やひきこもりに対する考え方や対応策について。生活困窮者への支援のあり方について。高齢者の居場所づくりや児童の放課後の生活の保障などについてしっかりと考えていきます。

4月18日 京都バスへ、嵯峨や清滝にお住まいの方の要望を伝えに。
4月20日 新生存権裁判の傍聴に。
4月27日 三条河原町で、ヒバクシャ署名を集める。
4月29日 天皇の代替わりを考えるつどいに参加。
4月30日 東映映画人・村主哲夫さんを忍ぶつどいに参加。

このページのトップへ