日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2018年05月

活動日誌

5月の活動報告(19日)

No.133

2015年9月19日、「戦争法」が強行採決された日から、毎月19日に行動が行なわれています。今年は、「戦争法」だけでなく、安倍内閣の退陣を求める行動になっています。今回は、共産党の倉林明子参議院議員、国民民主党の泉健太衆議院議員もかけつけ挨拶がありました。毎月400人〜500人が常時参加をしています。河原町通りを歩きながら、「安倍退陣」を求めるコールが響きわたりました。
「19日行動」が終わった後、今度は、第26回エイズキャンドルパレードが行なわれました。毎年5月第3土曜日に開催されているそうです。三条河川敷で集会をした後、河原町御池から四条通りを通って祇園石段下まで。終わりの集会にも参加しました。町中の飲食店には、赤いリボンが貼られ、協賛していることを表しています。たくさんのお店が賛同しており、感動しました。正しい知識と対応を訴えながら歩きました。

このページのトップへ


5月の活動報告(3日・20日)

No.132

5月3日、恒例の「憲法集会」に参加。オープニングでいつも「平和おどり」の歌い手をさせてもらっています。新憲法交付記念として「平和おどり」ができました。1947年4月19日に、この円山公園音楽堂で発表会が行なわれました。毎年新たな気持ちで歌っています。
講演は「世界がもし100人の村だったら」の作者である池田香代子さんでした。飾らない普通の語り方で、親しみを覚えました。「安倍政治を許さない」想いがひつひつと伝わってきました。
5月20日、右京区消防団総合査閲が太秦小学校で行なわれました。今年で3回目。みなさん、本当に一生懸命です。6月3日、京都市消防団総合査閲が開催されますが、右京区代表は安井学区です。

このページのトップへ