日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2018年06月

活動日誌

第63回京都母親大会・全体会、勇気をもらった!!

No.139

今年の母親大会のテーマは、「地球規模で考えよう〜生かそう憲法 守ろう平和」でした。総勢900人の参加。午後の全体会から参加しました。オープニングの「うた草」のみなさんのオリジナルの歌と語り。心に染みました。電気工事をしている人、高校教師、共同作業所で働く異色の3人組による歌声。障害者のつぶやきを歌にしてとても素敵なハーモニーでした。
記念講演は、関西学院大の冨田宏治教授。昨年7月7日に採択された「核兵器禁止条約」のことについて、ユーモアを交えてのお話に、笑いながら聞きました。核保有国である5つの大国が無視をしても、世界の流れは私たちにある。賛成をした122カ国。国連加盟国の6割を超える。民主的な世界に向かって歩を前に進めている。今は、各国で署名・批准が進んでいる。現在は10カ国だが、近々50カ国は署名するだろう。そして、条約が発効すれば、賛成した残りの国々が一斉に署名批准するだろうと言われ、いよいよ、日本の被爆国日本のあり方が問われると感じました。世界の変化に希望を持ちながら、安倍政権を許さず退陣へ力を合わせていくことを誓い合う京都母親大会になりました。



このページのトップへ