日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2018年12月

活動日誌

日本共産党右京区西部後援会恒例の餅つき

No.158

12月27日にもち米とぎをし、29日、恒例の餅つき、65圓里發訴討魎歿鯡澆箸△麑澆砲靴泙靴拭あんを36等分にする作業、もち米を蒸し、電動で少しこね、その後石臼で餅つき。つきあがった餅を、餅きり器で均等に切っていきます。今年は、餅つき二回、後は、餅きりに専念しました。今回は、昨年よりも量が少なく、思ったほど時間がかからず、後片付けまでしっかりとし、実家(姉の家)へ帰省しました。1坿歿鯡澆鮖参しました。これで、2018年の締めくくりの行事を無事終えることができました。

このページのトップへ