日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2020年02月

活動日誌

初めての観戦 京都マラソン

No.213

教え子が出場するというので、広沢の池の辺りで観戦しました。9時西京極をスタートして、ここ広沢池に最初の選手がやってきたのは9時27分。そして、最後の選手が通過したのが10時27分でした。小雨まじりの悪条件ではありましたが、景色を楽しみながら参加している方や応援に笑顔で答える方や記録に挑戦と黙々と走る方など、それぞれの思いで走っておられました。「がんばれ〜」「ファイト」「楽しんで走ってください」などと声をかけながら応援をしました。感染者の中には、応援している知り合いの方がどこを走っているのかアプリで確認をしておられる方、しっかりとその方とコンタクトがとれ、よかったなと重いながら、教え子は見つけられるか心配になりましたが、何とか声をかけることができました。コロナウイルス対策をしながらの京都マラソンの実施でした。無事に終わってよかったと思いました。

このページのトップへ