日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2021年09月

活動日誌

9月24日呼びかけられた「世界気候アクション」に連帯して

No.265

今週の朝宣伝の最終日は嵐山・車折神社前。いつもの通り、島田府会議員と嵐山学区後援会のみなさんと一緒に宣伝です。今は、京都市の財政危機は総選挙で政権交代をすることで改善できると訴えています。国の施策の中で、減らされ続けてきた地方自治体への交付税交付金を増やすこと。2003年のピーク時から年間550億円以上減らされています。この点から、政権交代をすることが重要です。また、財政危機を市民サービスの削減、負担増で解決するのではなく、不要不急の大型公共事業を見直し・中止をすることや地方自治体で増やすことのできる法人市民税超過課税を引き上げ、税収を増やすことですと訴えています。
今日は、「世界気候アクション」が呼びかけられた日です。地球温暖化対策の強化を呼びかける抗議行動に連帯しようと、市会議員団の仲間とともに9月市会「補正予算」特別委員会審議中のお昼休みに、市役所をバックに写真を撮りました。日本共産党は気候危機を打開する2030戦略を発表しています。そのためにできることをしていきたいと思います。

このページのトップへ