日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > 活動日誌 トップ > 2022年03月

活動日誌

コロナ禍での行財政改革に基づく予算に反対、市民負担増・補助金の削減は白紙撤回を!!

No.287

最終本会議で2022年度一般会計予算の反対の討論に立ちました。行財政改革計画が策定されて以降本格的に提案された予算です。長引くコロナ禍のもとでの予算であり、自治体としてやらなければならないことは、市民生活を支える保健・福祉・医療を維持し、生活支援、地域事業者支援を優先しながら、緊急性のない投資事業やソフト事業の中止・先送りによって財源を確保することを基本にした予算を組むことを訴えました。6つの観点から反対の理由を述べました。詳しくは、議員団のホームページをご覧ください。

このページのトップへ