日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ

活動日誌

2018年07月07日(土)

倉林参議院議員とともに嵐山被害状況と要望調査

No.142

今日の午前中は、倉林議員と右京5名の府市会議員で、桂川の水位を確認後、5年前の台風18号で被害に遭った渡月橋の上流にある「亀山家」まで、川沿いを通らせていただいて、状況を観ながら調査活動をしました。昨日とは違って、水位が下がって、流れてきた物が所々に引っかかっていました。また、ブロックが剥がされていて、水の流れの凄さを感じました。
旅館の方が出ておられてお話を聞きました。「井関が撤去されて、流れが速くなり、今回は浸水することもなく助かりましたが、下流の方が心配だ」と話されました。
また、「亀山家」の方からお話を聞きました。「日吉ダムの放水状況を電話で確認しながら、対策をとりましたが、調理場に濁流が。冷蔵庫2つと茶箪笥がダメになった。50万円ほどかかるが、融資してもらえるか心配だ」とのことでした。
7月7日14時現在の被害状況等について(第5報)に、この「亀山家」のことが掲載されていないので、知らせなければと思っています。
右京の中で、避難者の多かった嵐山学区の嵯峨美大を訪問。昨日も訪問しましたが、夜は40人30人と避難して来られ、朝になって帰られるという状況でした。昨日は自治会の方が、今日は区役所の方が待機されていました。避難所運営にあたられた方々には、慣れない初めての対応で大変だったと思います。お疲れさまでした。今後に生かすための施策を立てる必要性を感じました。

このページのトップへ


2018年07月06日(金)

桂川の水位は今!!

No.141

避難所を訪問する前(お昼ごろ)に、桂川の水位を視察しました。渡月橋の上流の道路は冠水しており、国土交通省の方がおられました。渡月橋から下った嵯峨美大前の桂川では、道路まで、階段で14段はありました。井関を取り除いたことで、また、流木を直ちに撤去することで、家屋の浸水を防げているのではないかと感じました。渡月橋近くのお店は、シャッターを閉め、土嚢などを積んでいました。5年前の台風18号被害を経験している人々の知恵だと思いました。今回の状況もしっかりと総括をして次に生かしていくことが必要だと感じました。

このページのトップへ


2018年07月06日(金)

避難所3ヶ所の訪問しました。

No.140

今日、島田議員と共に、避難所になっている「嵐山学区」「嵯峨学区」「南太秦学区」を訪問してきました。
嵐山学区は、一番桂川に近く、昨夜は、多い時で40人ほどいたとのこと。朝になって、自宅へと帰って行かれ、訪問したときは一人の方がいました。今年から、避難所が嵐山小学校ではなく、嵯峨美大になったことで、事務的な本部と避難場所の2ヶ所での対応となること。介護度の高い人は、近くの健康園での対応を頼んでいるとのことなど、地域での日頃からのお付き合いがあるからこそだと感じました。また、避難所のグッズ(毛布等)のマニュアルがあればいいのにとも、言われていました。
嵯峨学区は、以前に浸水した経験がある方が避難してこられ、8人の方が避難所で過ごし、やはり、朝、帰られたとのことでした。スタッフ15人。泊まりに4人体制で対応。枕があれば、もっと寝やすいのにと感じたとのことでした。また、避難所を運営する経費があれば助かるとのことでした。
今回、初めて、避難所を開設した南太秦学区は、数日間の割当表を作成して、みんなで分担しているとのことでした。訪問した時は、会長さんは昨晩泊まられたとのことで、お会いできませんでした。昨日は、梅津北学区にお住まいの「介護度5」の家族のおられる方がこちらで避難させてほしいと頼みにこられ対応したとのこと。体育館に降る雨音の大きさに、眠れずしんどかったやろなと言っておられました。この避難してこられた方も、やはり浸水体験が有り、低い方への避難は避けたいと南太秦に来られたとのことでした。
それぞれの学区で共通していることは、避難所を運営する方たちの大変さです。高齢の方もいて、みんなで分担できるようにすることが大切だと感じました。

このページのトップへ


2018年06月24日(日)

第63回京都母親大会・全体会、勇気をもらった!!

No.139

今年の母親大会のテーマは、「地球規模で考えよう〜生かそう憲法 守ろう平和」でした。総勢900人の参加。午後の全体会から参加しました。オープニングの「うた草」のみなさんのオリジナルの歌と語り。心に染みました。電気工事をしている人、高校教師、共同作業所で働く異色の3人組による歌声。障害者のつぶやきを歌にしてとても素敵なハーモニーでした。
記念講演は、関西学院大の冨田宏治教授。昨年7月7日に採択された「核兵器禁止条約」のことについて、ユーモアを交えてのお話に、笑いながら聞きました。核保有国である5つの大国が無視をしても、世界の流れは私たちにある。賛成をした122カ国。国連加盟国の6割を超える。民主的な世界に向かって歩を前に進めている。今は、各国で署名・批准が進んでいる。現在は10カ国だが、近々50カ国は署名するだろう。そして、条約が発効すれば、賛成した残りの国々が一斉に署名批准するだろうと言われ、いよいよ、日本の被爆国日本のあり方が問われると感じました。世界の変化に希望を持ちながら、安倍政権を許さず退陣へ力を合わせていくことを誓い合う京都母親大会になりました。



このページのトップへ


2018年06月22日(金)

議会報告ビラをupしました! 6月・44号です。

No.138

 月に一回発行している「議会報告ビラ」。第4日曜日に発行しています。「議会報告ビラ」の項目をクリックすると目次が出てきます。議員に当選してからの報告ビラが掲載されています。8号から今月で44号まで掲載中です。ぜひ、ご覧ください。

このページのトップへ