日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ

ちょっとブレイク

2021年08月15日(日)

我が家の廊下で展覧会

No.70

11日、議員団質へ行ったら、嬉しい美術品が届いていました。7日に開かれた「山科女性のつどい」に朗読で参加をした時に、「ジェンダーフリー 希望の兆し」という作品に出会い、欲しくて、欲しくて、作者の高谷早知子さんにお願いして手に入れました。とっても素敵です。疲れて帰って来た時の癒し効果、さあがんばるぞと出かける時の励ましになります。一枚は、佐藤潤さんの作品。京都市動物園に来園した「像」を描いた作品を寄贈した方の作品です。もう一つは、引越し祝いに頂いたものです。

このページのトップへ


2021年06月25日(金)

スマホの待ち受け画面

No.69

スマホの待ち受け画面は地域訪問途中にお見かけする玄関のお花です。いつもきれいに手入れされていて、その前を通るのが大好きです。以前にお話をさせていただいたことがあり、写真を撮らせていただいたことがきっかけで訪れるたびに写真に納めています。

このページのトップへ


2021年04月13日(火)

スマホケース冬バージョンから変更

No.67

教員時代の最初の学校の卒業生が制作した「スマホケース」冬バージョンからオールシーズンに変えました。ちぎり絵をスマホ用に加工しています。新聞のカラーの部分をちぎって集めた材料をもとに作品を創作しています。気に入っています。スマホを手にした時、楽しみたいです。

このページのトップへ


2020年11月01日(日)

密展鑑賞

No.66

議員団の事務局の原さんのお友だちが、「密展」に出品する話があり、「同姓同名の人、知っているよ」といったのをきっかけに、私の知っている児童と一致。偶然ってほんと、びっくり。
 詳しく聞いていると、なんと、広沢小学校で教師をしているときの隣のクラスにいた児童だったということがわかり、びっくりしました。美術の得意な児童だったことを覚えていました。作品ははがきサイズほどですが、新聞を千切って作り上げた作品でした。緻密で、陰影があって素敵でした。新聞紙をコンパスのようなもので引っかきながら集めた色を駆使しての作品です。隣のクラスの児童だけれど、とても嬉しかった。

このページのトップへ


2020年06月01日(月)

久しぶりの地域訪問で見つけた!!

No.65

30日31日と、緊急事態宣言が解除されて、久しぶりに地域訪問。6月8日から国の一人当たり10万円の定額給付金の郵送が始まること等お知らせに行きました。いつも玄関先をお花で飾られているお宅の前でカメラをパチリ!
30日は水量が多かった西高瀬川も31日は水量が減ったなと思って川を見た。すると、なんと、鴨の親子が。お母さん鴨の後を子どもの鴨が2羽。必死に追いかけている姿がなんとも可愛く、ときどき、藻をついばみながら流れに逆らって泳ぐ姿が微笑ましかった。

このページのトップへ