日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > ちょっとブレイク トップ > 2018年11月

ちょっとブレイク

大学1回生の時の同窓会に参加〜日福大の学びが今に生きている 

No.43

11月4日、ほんとに久しぶりの日本福祉大学1回生Iクラスの同窓会が名古屋で開かれた。37人中17人が参加。北は福島県、南は鹿児島県屋久島から。一人ずつの近況を聞きながら、みんな、65歳を過ぎているけれど、福祉の仕事から離れられずにいる、日本福祉大学で学んだことが今に生きていると感じた。退職後、NPO法人を立ちあげて、障害児の放課後デイをしている者、福祉事務所に勤務していたが、今も、来てくれないかと声がかかる者、新たに資格を取って、地域包括センターで勤務している者、農業をしながら地域の自治組織でがんばっている者、民生委員として、地域で関わっている者等々、それぞれが活き活きと活動していた。私も、頑張らなければと感じた。
大学のときの仲間っていいなと感じたひとときだった。

このページのトップへ