日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > ちょっとブレイク トップ > 2019年05月

ちょっとブレイク

観光用の市バス 荷物置場があるバスに乗って

No.49

19日、参議院選挙予定候補・倉林明子選挙事務所(日本共産党京都府委員会)開きに行くために、錦林車庫行きの93番のバスに乗りました。よく見ると、座席1席分が荷物置場になっていました。京都市交通局がバスの更新の時に変えていくといっていたものだなと思いました。
荷物(トランク)が4台ほど入れられるかなと思いましたが、トランクを持ってる乗車の方がいないとき、デッドスペースになっていまうなと感じました。その空間に、荷物がないときは入れるようにすべきだと感じました。要望を出していきたいと思いました。

このページのトップへ