日本共産党 京都市会議員子どもに笑顔 若者に仕事 老後に安心を

ほり 信子

トップ > ちょっとブレイク トップ > 2020年11月

ちょっとブレイク

密展鑑賞

No.66

議員団の事務局の原さんのお友だちが、「密展」に出品する話があり、「同姓同名の人、知っているよ」といったのをきっかけに、私の知っている児童と一致。偶然ってほんと、びっくり。
 詳しく聞いていると、なんと、広沢小学校で教師をしているときの隣のクラスにいた児童だったということがわかり、びっくりしました。美術の得意な児童だったことを覚えていました。作品ははがきサイズほどですが、新聞を千切って作り上げた作品でした。緻密で、陰影があって素敵でした。新聞紙をコンパスのようなもので引っかきながら集めた色を駆使しての作品です。隣のクラスの児童だけれど、とても嬉しかった。

このページのトップへ